最新情報

2013年9月アーカイブ

この度、コーデンシは光信号を受信しAC成分のみをアナログ波形として電圧出力するPDIC(Photo Detector Integrated Circuit)を開発しました。独自プロセスにより低消費電流化と高感度化を両立し、更に受光素子上に電磁シールドを形成することにより、外来電磁ノイズ耐性を向上させました。光電スイッチや各種光センサーの光信号入力部にご使用ください。

特徴

P.4_光電SW用PDIC(s).jpg

  • 光信号を受信しAC成分のみをアナログ波形として電圧出力するPhotoIC
  • カップリングコンデンサ内蔵でDC~30kHz帯域の外乱光を除去
  • リフロー実装対応可能な小型・薄型・面実装パッケージ
  • 高感度(交流光電感度:120~280V/mW)
  • 外形:2.4mm(L)×4.7mm(W)×1.1mm(H)


主な用途

  • 光電スイッチや各種光センサーの光信号入力部


電気的特性

ヘッドアンプPDIC.jpg

ブロック図

ヘッドアンプPDIC_2.jpg

パルス応答波形

パルス波形図.jpg

お問い合わせ先
  • E-Mail:info-rd@kodenshi.co.jp
  • 西日本営業推進センター TEL : (0774)20-3559
  • 東日本営業推進センター(コーデンシTK株式会社) TEL: (03)6455-0280
P.4_電磁シールドPDアンプIC(s).jpg
この度、コーデンシはDCから100kHz程度までの微弱な光信号を電圧変換するPDIC(Photo Detector Integrated Circuit)を開発いたしました。受光素子とI-V変換のみのシンプルな構成にすることでIC内部で発生する自発ノイズを低減しました。また受光素子上に電磁シールドを形成することにより、外来電磁ノイズに対しても耐性を向上させました。さまざまな光センサーの光信号入力部のデバイスとしてご使用いただけます。



特徴
  • DC(直流)から100kHz程度までの微弱な光信号を電圧変換するPhotoIC
  • 電磁シールドにより周辺機器の電磁ノイズや人体誘導ノイズの受光素子表面への侵入を低減
  • 低電源電圧動作で低消費電流のため電池駆動でも長時間使用可能
  • 微弱な光信号を検出できる大きな受光面 (PD Size : 2mm × 2mm)
  • リニアアンプ回路とフォトダイオードをOne Chip化

電気的特性
電磁シールドPD搭載リニアアンプIC_2.jpg
参考資料-Normal PD(Photo Detector)との比較

電磁シールドPD搭載リニアアンプIC.jpg

お問い合わせ先
  • E-Mail:info-rd@kodenshi.co.jp
  • 西日本営業推進センター TEL : (0774)20-3559
  • 東日本営業推進センター(コーデンシTK株式会社) TEL: (03)6455-0280


サーモパイル型赤外線センサを開発

|

この度、コーデンシはシリコン立体加工で培ったMEMS技術を用いて単画素のサーモパイル型赤外線センサ(TPKA0101SA01)を開発いたしました。

サーモパイルセンサとは

MEMS技術で製作したサーモパイル素子が物体から放射される赤外線を受けとり入射エネルギー量に応じた熱起電力を発生させる熱型の赤外線センサであり、温度の絶対値の検出が可能です。よって非接触で測定対象物の表面温度を測定することができます。

特徴

  • 殊材料を使用することなくシリコンの光吸収特性を応用した赤外線センサ
  • センサ個別に搭載されたEEPROMにより補正係数を読み出し、専用の換算式で計算することにより高精度な温度計測が可能

 
P.3_サーモパイル(s).jpg
TPKA0101SA01

主な用途
プリンタドラム等の非接触温度モニタ用
・家電製品の温度監視センサ

センサ出力特性

サーモパイル.jpg


お問い合わせ先
  • E-Mail:info-rd@kodenshi.co.jp
  • 西日本営業推進センター TEL : (0774)20-3559
  • 東日本営業推進センター(コーデンシTK株式会社) TEL: (03)6455-0280

紫外高感度Siフォトダイオードを開発

|

この度、コーデンシは、独自のプロセス技術により従来品に比べ青、紫外域の受光感度を大幅に向上させ、かつ赤外域の受光感度を抑制したフォトダイオード(HPV-1KB)を開発いたしました。受光感度特性を損なわないよう石英製のガラスキャップを採用しています。 紫外から可視域まで高精度に光を検出することが必要な機器の光信号入力部としてご使用いただけます。

紫外高感度 Siフォトダイオード (s).jpgのサムネール画像

HPV-1KB

特徴

    • 高受光感度により微弱な紫外線信号を高精度で検出可能
    • 信頼性の高いキャンパッケージを採用

主な用途

    • 紙幣判別センサ
    • 紫外線光量計
    • 分光分析

電気的特性

SiPD_20130913.jpg

分光感度特性

SiPD_20130913_2.jpg


お問い合わせ先
  • E-Mail:info-rd@kodenshi.co.jp
  • 西日本営業推進センター TEL : (0774)20-3559
  • 東日本営業推進センター(コーデンシTK株式会社) TEL: (03)6455-0280


CEATEC JAPAN 2013 出展のご案内

|

CEATECbanner_460x60_ja.gif
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
コーデンシは「光・半導体・センサ」のソリューションカンパニーとしてCEATEC JAPAN 2013に出展いたします。
コーデンシ商品が明日の皆様の新モデルに役立つものと確信しております。CEATEC JAPAN 2013にお越しの際には是非コーデンシのブースにもお立ち寄りいただき、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

コーデンシブース.png

【出展品】
 センサー群
・紫外高感度Siフォトダイオード
・サーモパイル型赤外線センサ
・測距センサ
・血中酸素飽和度(SpO2)モニタ用電磁シールドフォトIC/LED
・光電スイッチ用受光ヘッドアンプ内蔵フォトIC
・I2Cインターフェース対応センサ
・メディアセンサ



 高輝度LEDデバイスおよび応用製品
・照明用高演色LED(白色)
・パステルカラーLED
・RGB LED
・LED BLOCK

 その他
・スーパージャンクションMOSFET

ページトップへ